So-net無料ブログ作成

院政とは? 院政の始まりと院政の仕組みとは?

今回は院政について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「院政とは? 院政の始まりと院政の仕組みとは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/734

後三年の役があった頃、摂政、関白の勢いが衰えて、
上皇が院を行うようになりました。

上皇というのは、天皇の位を退いた人ですが、
この上皇が朝廷とは別に政治を行うことを院政というのです。


醍醐天皇以来、代々の天皇は、みな藤原氏の娘が生んだ皇子でした。
ところが、藤原頼通り頃になって170年ぶりに
藤原氏に関係のない天皇が、位につくことになりました。
後三条天皇です。

後三条天皇の母は、三条天皇の皇女でした。
天皇と血の繋がりが無くなった頼通は、
関白を弟の教通に譲って、宇治に引っこみました。

後三条天皇は、学者の大江匡房などを相談相手にしながら、
藤原氏に遠慮することなく、政治を改めていきました。

物の値段を定めたり、ますを統一したりしました。
中でも、各地にあるたくさんの荘園の整理には、一番熱心でした。

これまでも、ときどき荘園を整理しようという試みは行われましたが、
荘園を最も多く持っているものが摂関家ですから、少しも効果が上がりません。

けれども、後三条天皇は、摂関家の荘園でも、
大きな寺や神社の荘園でも、容赦なく書きつけを出させて調べました。

そして、新しい荘園や、国司の政治に邪魔に
なるような荘園は、どしどし取り上げました。

荘園ができたため、収入が減って困っている国司たちが、
喜んだのは、言うまでもありません。
藤原氏をよく思っていない貴族たちも、
天皇のやりかたに賛成しました。


nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます